fc2ブログ
     
プロフィール

sokuteimiyagi

Author:sokuteimiyagi
私たちの想いに賛同していただける方は、私たちの力になって下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
お振込み先( 通信欄にカンパと明記して下さい)
郵便振替口座 02290-1-118178
加入者名 みんなの放射線測定室

下のボタンからもPAYPALを利用して、安心安全にオンラインのカード決済にてご寄付いただけます。



メールはこちらまで

カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
カテゴリ
Web page translation
閲覧者数

12月26日のてと市は?

みんなの放射線測定室「てとてと」のてと市のおしらせ
12月26(土)のてと市は 9時から12時まで。
年内最後のてと市です。年明けは1月9日から。
今週は急遽北村みどりが会計に入ることになりましたが、東京から帰宅して9日経っていますのでご安心ください!


今年も1年、ありがとうございました。
てと市での手数料収入は測定室の運営に大きく貢献しています。
来年もいっしょに「てとてと」を育ててくださいね!

🎍 ほたる舞ファームさんの年越しそばとお餅、お申し込み締め切り日!
12月31日 11時から12時 てとてと前での受け渡しです。

「ステイホーム」の大晦日を、今年はほたる舞ファームの手打ちそばで!
2食から必要人数分購入できます。
白餅、玄米餅のご予約も!
kench...@gmail.com    090-2970-6767 渡邊さんまで

🍔 きつねこぱん工房麦さん1月9日のパンの締め切り日。
まだ間に合います。
&かわいくておいしいクッキーで年越し。

🐮 京都・丹波 有田芳さんからのご支援品、完売!

🌼はなつちの会からのご支援品
「平輪ちんすこう」  
値札はお使い物に使えるようクリップで留めてあります!
黒糖、シークワーサー小瓶、あります。
売り上げはすべて「てとてと」の運営費に使わせていただきます。

🐴スローバブックスのひと箱古本 
青空「ひと箱古本」でゆっくりお気に入りを選んでください。

🍜 てととも会員・栃木県上野長一さんの「いろいろ米ぽんせん」&「うどん」
昨年産の「いろいろ米」のご支援品,あと少しあります。

🍎 畠さんのりんご サンフジ 今年は小ぶりでカメムシの虫害がありますがおいしいです。
1月9日にも一回だけ入りそう。
低農薬・無化学肥料・無除草剤・放射線測定済み不検出の畠さんのりんご
今年もEMF211 1時間測定で不検出です。

🌿パレスチナ・オリーブ
「蓋・空回りの可能性がある」オイル、250cc、500cc各200円引き品 入荷しています!
もしもの時は継ぎ目をカッターで押し切りすれば大丈夫!(プリントつけました)
250㏄は残り僅か。
パレスチナオリーブは無農薬・無化学肥料 パレスチナで育てられ、絞られ、瓶づめされている本物のフェアトレード。
プレゼントにもいかがですか?

☕ 来栖コーヒー
フェアトレード、自家焙煎の新鮮で安全でおいしいコーヒー豆
冷凍保存が便利。ご予約が確実です。

ひっぽの元気な味噌
無農薬・無化学肥料、木ダル仕込み 
新物の若い味噌は香りがさわやかでおいしい。
2012年仕込みの長期熟成味噌 各1㌔です。
すべて測定済み 

大河原から東京に移住された「せこ三平さん」からのご支援品
 『ぼくと仙人のヒミツ』 1333円+税のところ1000円で。
売り上げはすべて「てとてと」の運営費に使わせていただきます。

くさかあやこさんの手作りアクセサリーも少々あります!(ブログやフェイスブックで)
ご支援品として「ぐるぐるブローチ」を置いてくださいました。新作あり!
シンプルなセーターがかわいくなります。
売り上げはてとてとの運営費に使わせていただきます。

🐣ぬまんてぇらファーム
平飼い卵 白ぬか中心の安全な餌を食べて土の上で暮らしている幸せな鶏たちの卵です。

*三田農園
「書類は横にしたら腐ります」
カリスマ主婦といわれる井田典子さん。
「引き出しひとつから始まる、人生を救う片付け」という本の中の一説。
あまりにも思い当たり、どきっとしました。
「どこに置いてあるのかわからないモノは、死蔵品なんです」
つまり、モノのミイラということですね。

年末。掃除を始めました。
横に寝ている書類の多いこと。
そうか、これ、みんな腐るんだ。
まずは、全部出して、カテゴリー別に分けて、必要なものを選んで、それからラベルをつけて、縦収納。
で、始めました。
が、全部を出したら、書類の海になりました。
海のまま、ますます漂う日々。
大根も囲わなくちゃいけんし、年末出荷の準備もしなくちゃいけんし、、
豆も選別しなくちゃ。そうだ!赤カブを漬けて、沢庵も漬けなくちゃ、
家の中でこんなことをしている暇はないのだ!!ないのだ!
と、言い訳がエベレスト山のように浮かんでくるのです。
それでも頑張りました。
お部屋のほんの一部だけは、きれいな空間が生まれて、
すがすがしい風が入ってきました。さわやか!
片付けの醍醐味です。
しばらくうっとりと浸っていたのですが、そのあくる日。
その美しい空間に、茶色い袋がどーーと置かれていました。
常さんです。「コメを置くのには温度的にもここが一番いいんだよ。」とかなんとか。
なぜか美しい空間ができると、必ずそこに、常さんのわけのわからないモノが
大いなる必然性を持って置かれるのです。
気のせいでしょうか?
わたしの真摯な片づけ意欲を阻む敵は、あまりにも多く、
賽の河原の年末です。

ネギ、里芋、さつまいも、大根、白菜、かぶ、赤かぶ、
ホウレンソウ、小松菜、ユキナ、銀杏、キウイすこし
赤大豆、青ばた大豆、くろまめなど少し


*きたむら自然農園&丸森かたくり農園
ここ2~3年、これからの人生になんの希望も持てませんでした。
「どうしたものか」と考えてはみても妙案は浮かばず暗い日々・・・。
もっとも、深くものを考える人から見たら、私の「暗い日々」など小石を池にぽちゃんと落としたくらいの落ち込みかもしれません。
布団に入ればいつの間にか眠れちゃう、食事がおいしい、膝と腰は痛んでも働けちゃう!
でもね、今を楽しめても明日を思ってわくわくできなかったんです。
2011年3月に、私の「わくわく」はどこかへ行ってしまいました。

今年は母の介護が始まり、東京と頻繁に行き来するうちに、この地での暮らしの豊かさを改めて認識しました。
12年に及ぶ「納屋を直した家の仮住まい」から「母屋を直しての 終の棲家」へ。
家をどう育てていこうか考えていたら「わくわく」がむくむく湧いてきました!
家を育てることは私にとって「暮らし」を再構築することだったんです。

介護が続きそうなので畑作業も思ったようにはできないけれど、来年はもっとおいしい野菜が育つはず。
だって今年よりもっと楽しく働けそうだから。
蔵をいつまでお借りできるかで「てと市」のこれからは変わってきますが、とりあえず来年もよろしくお願いいたします。

★ジャムの瓶を戻していただいた方には30円お返しします。
みどり   ねばり芋 里芋 さつまいも(ベニアズマ・パープルスイートロード) お得なおやつさつまいも  ヤーコン 生姜 ねぎ  人参(1月中もつか)   葉物?(ほぼ終わり) 最後のジャガイモ 最後のかぼちゃ  木曾紫蕪   他  
連れ合い ゆず こんにゃく  梅ジャム ブルーベリージャム  乾燥粉唐辛子  

 てとてと基本調味料コーナー
基本的な調味料はぜひ良いものをお使いください!

千葉県鴨川の「るんた」米山美穂さんからご支援品
ポストカード、まだあります。

♡  くさかあやこさんからご支援品のポストカード
1枚 100円。全額を「てとてと」の活動費にカンパしていただけます。

♡ 山中環さんの「NO NUKES」ポストカード(『てとてと春2015』に載っているもの)もあります。
関連記事
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント