fc2ブログ
     
プロフィール

sokuteimiyagi

Author:sokuteimiyagi
私たちの想いに賛同していただける方は、私たちの力になって下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
お振込み先( 通信欄にカンパと明記して下さい)
郵便振替口座 02290-1-118178
加入者名 みんなの放射線測定室

下のボタンからもPAYPALを利用して、安心安全にオンラインのカード決済にてご寄付いただけます。



メールはこちらまで

カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
カテゴリ
Web page translation
閲覧者数

2月24日のてと市は?

みんなの放射線測定室「てとてと」のてと市のおしらせ
2月24日のてと市は?




 パレスチナオリーブ    朝日新聞にも取り上げられました!!

オリーブオイル 500CCも入荷!!
パレスチナの平和が1日でも早く来ることを願います。



上野 長一さんのぽんせん 入荷しました!!

皆さん、お待たせしました。うどんは今までの製麺店で加工できなくなり、欠品中です。もうしばらく、お待ちください。



* 4月から「てとてと」の営業は、金・土になりました。てと市のお知らせも金曜日の朝になります。


「むのたけじ賞」 優秀賞 受賞!!

『3・11 みんなのきろく みやぎのきろく』

「てとてと」で、いつでも買えます!若い世代に伝えていこう。



来栖コーヒー

予約販売。金曜日までに来栖さんにご連絡ください。電話 0224-52-1620

フェアトレード、自家焙煎の新鮮で安全でおいしいコーヒー豆。

来栖コーヒーのLINEアドレス @opl6700s  です。



スローバブックスのひと箱古本 

2月になりました。
どんな本が並んでいるでしょか。覗いてみてください。


  ひっぽの元気な味噌

無農薬・無化学肥料、木ダル仕込み 
長期熟成味噌 新みそ、各1㌔です。すべて測定済み

新みそは、今年の夏が異常に暑かったために、熟成みその色に似ていますが、味は新みそです。 


  ぬまんてぇらファーム

平飼いのしあわせで健康な鶏が産んだ卵です。



 三田農園
ハクサイのお話のつづきです。ハクサイの来歴が面白くて、友人に熱く熱く語っていたら、「江戸時代の白菜のお漬物って違っていたんですね」といわれ、なるほどと!それでまた調べました。
今あるハクサイが初めて日本にやってきたのは明治28年(1895年)129年前。つい最近じゃないですか。江戸時代には、不結球白菜ともいわれる「しろ菜」はあったのですが、白菜のお漬物ってなかったんですね!
時代劇なんかのシーンで、いかにもありそうじゃないですか!ご飯と味噌汁と白菜漬け。だから、正しい時代劇かどうかを見分けるポイントにもなっているようです。今あるような白菜の漬物がでてくるようならこの番組はボツ!だそうです。(ほお~~。おぬしなかなかやるな)
もう一つ別な方からこんなお話も聞きました。「知り合いが『松島純2号』という昔からある品種のハクサイを作りました。栽培は難しいようですが、味がとてもよかったです」これまた興味しんしんで、副業の野菜探偵事務所を開設。
この種は、ななななななんと!!!!(まるでジャパネツトの宣伝)日本で初めて結球白菜の種取に成功した宮城県の沼倉氏の種を更に改良した渡辺顕二さんが大正13年(1924年)に改良して作ったものなのです。いまから100年前ですよ!100年前!!!!!交配種や遺伝子組み換えの種が跋扈しているこの世の中で100年も前に作られた種が、いまだに引き継がれ作られているんです。最も寿命の長い固定種の逸品と言われています。本当にすばらしいことです。宮城県にこんな種があったなんて。これは、宮城県人の誇りにかけても絶やしてはいけません。今年、三田農園でも挑戦してみようと思いました。
大根 人参、さといも、さつまいも、ながいも、はくさい、ばさ菜
ビタミン菜、ホウレンソウ、黒豆など

きたむら農園 (丸森かたくり農園 あらため)
2月下旬だというのに例年は出遅れるうちの白梅が八分咲きになりました。一ヶ月前倒しのようにやってきた春ですが、今朝は「じょうぐち」の雪掃き三回。でも、育苗ハウスの雪下ろしは前回と全く違って「春」!屋根のポリにこびりついていたスギ花粉や汚れが、湿った雪と一緒に落ちていく。それを内側から見ながらモップのようなもので天井?をツンツン。雪は汚れと共にズルズルと滑り落ちていく。あー、しあわせ!
育苗ハウスの中の踏み込み温床の枠を竹と藁で作り直し、3月はじめには温床を踏み込みます。夏野菜の苗を5月中旬の霜が降りなくなる頃に植えるためには、3月中旬にナスやピーマン、20日頃にトマト類の種を降さないと間に合わないので。でも夏の命が芽を出すにはそれなりの温度が必要なので、育苗ハウスの中で落ち葉や藁や刈草、米ぬか、水を使って発酵させて温度を上げて「初夏」を作るんです。その温床はやがて苗を育てる「育苗土」となって畑に巡っていきます。
原発事故のあと、もう二度と使えないと思った落ち葉や腐葉土。愛しい、愛しいと育ててきた自然農の畑の、なにもかもが程度の差はあれ「汚染物質」となった現実を受け入れるのは難しいことでした。測りながら少しずつ取り戻して、いえ、取り返してきた日常をもう失いたくないですねぇ。女川原発再稼働の予定は5月から再度9月に延期だそうです。
2011年3月。あの時、みんな価値観が変わった、と思ったけれど、何も変わらなかったみたい・・・。(と、毎年思う。)
今週の野菜ネギ 大根(たぶんおしまい) さつまいも 粘り芋 他になにかあればゆず


 てとてとこだわり基本調味料コーナー 
販売一覧 丸島有機酢・京風だし・丸島醤油・味の母・ゲランドの塩・キッコーゴ丸大豆醤油・キッコーゴめんつゆ

三和油脂のこめ油
関連記事
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント