fc2ブログ
     
プロフィール

sokuteimiyagi

Author:sokuteimiyagi
私たちの想いに賛同していただける方は、私たちの力になって下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
お振込み先( 通信欄にカンパと明記して下さい)
郵便振替口座 02290-1-118178
加入者名 みんなの放射線測定室

下のボタンからもPAYPALを利用して、安心安全にオンラインのカード決済にてご寄付いただけます。



メールはこちらまで

カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
Web page translation
閲覧者数

11月26日のてと市は?

みんなの放射線測定室「てとてと」のてと市のおしらせ
11月26日のてと市は?




🌼 はなつちの会 ご支援品 届きました!!

  かち割り黒糖、シークアーサー、ミント黒糖、くまさんカレーパウダー、あおさのり(残りわずか)


★今年もご注文受け付けます!

きつねこぱん工房麦さんのクリスマスシュトーレン2種!

① クリスマスシュトーレン
1個 約230g 1,680円
卵・バター使用
② ノンエッグ・ノンバターシュトーレン 1個 約230g 1,680円
マロングラッセ入

締め切り26日のてと市
お届け 12月2週パンの日





🍎 皆さん お待たせしました。毎年好評をいただいている福島県新地町の畠さんのリンゴが入荷します。
今年も放射線測定をして、不検出です。品種は、当日店頭で表示します。現在、いろいろな品種が食べごろを迎えました!!




🌾てととも会員 栃木の上野長一さん

農薬も化学肥料も使わず育て🍜たいろいろ米の「玄米ぽんせん」、入荷しました!!うどんは、加工する方が高齢のためできず、現在うどんを作ってくれる会社を探しているそうです。


*パレスチナオリーブ 訳アリオリーブ石鹸 4個セット 30%FF ザータルも販売中!!



* 4月から「てとてと」の営業は、金・土になりました。てと市のお知らせも金曜日の朝になります。

* 2022年「てとてと通信」が出来上がっています。読んでみたい方、お友だちに手渡したい方、ひと声かけてください。(無料)


🍊 いしくら自然農園からのご支援品 

完熟梅ジャム すべて石倉さんが育てた不耕起・自然農産。

ブラジル産の有機砂糖使用。(ORGANICO BRASIL,USDA ORGANIC,ECO CERT の認証品)


🐱。きつねこぱん工房麦さん
クッキー、入荷しています!!
 
😀ほたる舞ファームさんの手打ち蕎麦(予定) 

一貫作りの手打ちそば。店頭売りは4人前。ご予約なら2食から必要人数分購入できます。
kench...@gmail.com    090-2970-6767 渡邊さんまで

てと市でのお米の受け渡しも可能です。お申し込みは直接渡邊さんに!




🌼「むのたけじ賞」 優秀賞 受賞!!

『3・11 みんなのきろく みやぎのきろく』

「てとてと」で、いつでも買えます!若い世代に伝えていこう。



🐾 来栖コーヒー

予約販売。金曜日までに来栖さんにご連絡ください。電話 0224-52-1620

フェアトレード、自家焙煎の新鮮で安全でおいしいコーヒー豆。



🐴スローバブックスのひと箱古本 

11月になりました。
どんな本が並んでいるでしょか。覗いてみてください。


 🎶パレスチナ・オリーブ
無農薬・無化学肥料 パレスチナで育てられ、絞られ、瓶づめされている本物のフェアトレード。パレスチナオリーブ 250cc500cc 
 🌾ひっぽの元気な味噌
無農薬・無化学肥料、木ダル仕込み 
2012年仕込みの長期熟成味噌 各1㌔です。すべて測定済み 


 🐣ぬまんてぇらファーム

平飼いのしあわせで健康な鶏が産んだ卵です。

🙆 三田農園

今年の柿はなぜか奇形が多いのです。
家前の水路のそばの甘柿は半分奇形
家裏の平種柿は4割奇形
おとなりの渋柿の木も半分奇形。
今まで少しはあったのですが、こんなに多い年は初めて。
耳つき柿猫。一本つの柿鬼。あかちゃんお尻柿。三つ子兄弟柿などいろいろ。
楽しくていいのですが、干し柿をつくるとなると話は別。
剥くのが大変。

ニュースでもとりあげられていました。
丸森耕野は干し柿の名産地。そこの「ころ柿」は8割以上奇形。
柿専門農家の方が「40年間やってきたが初めての経験」と話していました。
産地では大量に柿を剥くので、器械を使っていますが、
奇形だとそれが使えないため出荷できない。
去年は不作、今年は奇形で、今後の干し柿が心配とのことでした。

柿は4月下旬に発芽して6月上旬に開花するのですが、
その間の高温、低温の気温差が激しく、
それがストレスになったのではないかというのが
県の園芸推進課の分析でしたが、
やはり本当のところはわからないそうです。
平成2年には、福島で柿の奇形が異常発生したそうですが、
やはり確たる原因は不明。

気になっていろいろ聞いてみましたら
佐賀県の干し柿産地は大豊作で奇形なしとのこと。
うちの家周りのちいさな甘柿や次郎柿は奇形ゼロ。
柿の種類によるのか、立地条件によるのか、
気象変動なのか、あるいは別なものなのか
いまひとつわかりませんが、注意しながら経年変化を見ていきたいです。
皆さまも、なにかご存じでしたらおしえてください。

今回は甘柿、キウイ、へちまたわしなども出します。
じゃがいも、たまねぎ、さといも、さつまいも、ネギ、ゴボウ、大根、かぶ、赤カブ、人参
白菜、キャベツ、ブロッコリは??ホウレンソウ、春菊、小松菜など、みどりパプリカ、などなど



🐽きたむら自然農園&丸森かたくり農園
日没がすっかり早くなったので、昼間は忙しくても夜ならエイヤッと映画を観にいくことができる!
大河原フォルテなら近いし、映画以外何もない(!)ので余計なお金を使う心配がないのがうれしい。
16日、『土を喰らう十二ヶ月』沢田研二主演 を観てきました。
水上勉の『土を喰らう日々』は就農する前に読んだような気が。
いえいえ、連れ合いが買った本をいつか読もうと思いつつ、いつのまにか処分したような気も・・・。

13年前に妻を亡くして一人暮らしの作家・ツトムさんは茅葺屋根の家で流しに引いた沢水で丁寧に米を研ぎ、羽釜を竈門にかけて薪で炊く。
ピッカピカの白米だ。
そういえば「川っぺりムコリッタ」の松山ケンイチも真剣に米を研いでいたっけ。
ツトムさん(沢田研二)も本気だった。
沢水、冷たいだろうな。
今年は映画の中で米研ぐ男性をよく見かける。

畑に種をおろし育てた作物や、山の恵みを生かした一汁一菜の、それでいて豊かな食事。
(「一汁一菜でよいという提案」の土井善晴さんが料理を担当。)
子供の頃、修行先で精進料理を教わったので、と出汁は昆布のみの精進料理だ。
それらを食材に合った素敵な器に盛り付け、配膳し、
一人のときも二人のときも「いただきます」と手を合わせる。

老いていく犬の山椒には、いつの間にか年齢を追い越された。
やがて先に逝くのだろう。
山椒の体型を見れば想像できる。
そんな淡々としつつ幸せな日々の中、ツトムさんは心臓発作をきっかけに死を、そして生きることを見つめ直す。
大作ではない。
賞レースにはからまないかもしれないけれど、深く心に残った。
フォルテで上映しているうちにぜひ観てほしい!

軽トラックでの夜の運転。
眠気覚ましに濃いコーヒーを飲んで行ったら、午前2時過ぎまで眠れず睡眠時間3時間になってしまい、翌日の農作業が少々きつかった・・・。
映画は心の栄養。現実逃避にならないよう仕事もがんばります!

今週の野菜
ネギ かぼちゃ さつまいも 里芋 生姜 大根 紅芯大根 人参 キャベツ カリフラワー 白菜(野崎早生) サラダミックス(防風ネットで霜から守ったので今週はあります) 富山かぶ 葉物いろいろ
こんにゃく ゆず


 てとてとこだわり基本調味料コーナー 
販売一覧 丸島有機酢・京風だし・丸島醤油・味の母・ゲランドの塩・キッコーゴ丸大豆醤油・キッコーゴめんつゆ

三和油脂のこめ油
関連記事
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント