fc2ブログ
     
プロフィール

sokuteimiyagi

Author:sokuteimiyagi
私たちの想いに賛同していただける方は、私たちの力になって下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
お振込み先( 通信欄にカンパと明記して下さい)
郵便振替口座 02290-1-118178
加入者名 みんなの放射線測定室

下のボタンからもPAYPALを利用して、安心安全にオンラインのカード決済にてご寄付いただけます。



メールはこちらまで

カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
Web page translation
閲覧者数

2月19日のてと市は?

みんなの放射線測定室「てとてと」のてと市のおしらせ
2月19日(土)のてと市


🍊 いしくら自然農園からのご支援品 
甘夏、あんず、完熟梅ジャム すべて石倉さんが育てた不耕起・自然農産。
ブラジル産の有機砂糖使用。(ORGANICO BRASIL,USDA ORGANIC,ECO CERT の認証品)

😀ほたる舞ファームさんの手打ち蕎麦

一貫作りの手打ちそば。店頭売りは4人前。ご予約なら2食から必要人数分購入できます。
kench...@gmail.com    090-2970-6767 渡邊さんまで

てと市でのお米の受け渡しも可能です。お申し込みは直接渡邊さんに!

🌾徳島の坂本さんが育てた「黒米」

毎月カンパを送り続けてくださっている坂本崇子さんの、不耕起・自然農で育てた黒米。

売り上げはすべて「てとてと」の運営費に!

🍜てととも会員 栃木の上野長一さん

農薬も化学肥料も使わず育てた小麦の「うどん」といろいろ米の「玄米ぽんせん」が入荷しました。

🐳はなつちの会からのご支援品が届いています。

伊江島のはちみつ、黒糖、シークワーサー果汁小瓶がまだあります。売り上げは全額「てとてと」の運営費に。

🌼「むのたけじ賞」 優秀賞 受賞!!

『3・11 みんなのきろく みやぎのきろく』

「てとてと」で、いつでも買えます!

若い世代に伝えていこう。

🐱きつねこパン工房麦さん

いろいろなクッキー 販売しています!!


🐾 来栖コーヒー

フェアトレード、自家焙煎の新鮮で安全でおいしいコーヒー豆。

🐴スローバブックスのひと箱古本 

2月の本に替わります。
いよいよ旧暦でも新年!ぜひぜひ良い本に出会ってください。

 🎶パレスチナ・オリーブ
無農薬・無化学肥料 パレスチナで育てられ、絞られ、瓶づめされている本物のフェアトレード。250㏄と500㏄

 🌾ひっぽの元気な味噌
寒い日には具沢山のお味噌汁を。お餅を入れてもおいしい。無農薬・無化学肥料、木ダル仕込み 
2012年仕込みの長期熟成味噌 各1㌔です。すべて測定済み 
 くさかあやこさんのミニコーナー

🐣ぬまんてぇらファーム
平飼いのしあわせで健康な鶏が産んだ卵です。

*三田農園

冬野菜の出荷は、ものすごく時間がかかります。
今の時期は畑の土が凍結しているので、
その解ける時間を待ってからの収穫です。
凍結の時は、鎌の刃がガキーンと跳ね返されます。
ネギも抜けない。カブも地面にへばりついて離れない。人参も抜けない。
晴れた日には午前10時ごろになるとやっと土がゆるんでくれるので
すこし収穫できるようになります。
そこからがスタートです。
だからお昼ご飯はかなり遅れます。

さつまいも、里芋は、稲わら囲いの温床のうえに作った貯蔵庫で保管していますが
これを取り出すのが一苦労。
里芋は親芋にくっつけて保管してあるので、
これを親から切り離して、子芋だけにして、洗って、干して、
あとは一個一個上部を切って点検します。
ときどき、風邪ひきさんの里芋があります。

一番大変なのは、やはり露地の葉物です。
枯葉の中にすこしだけ残っているみどりの葉っぱ。
収穫段階で枯葉を落としますが、納屋でさらに落とします。
一束つくるのに、何本も必要になります。
秋なら一束つくるのに、ものの1分くらいなに。ああ、、まるで夢のようです。

野菜たちが冷たいので
軍手の上にビニール手袋をして、作業するのですが、
細かい仕事ができにくいので、つい手袋を取ってしまう。
そうすると、あくる日には指先が割れます。
手全体もむっちりしてきて、しもやけみたい。
だから入浴後の手足のケアは、気をつけています。油分の補給。
これは、、ワセリンを使っています。大きな器に入っていて1500円です!!
母の在宅介護をしていたときに、ケアに来てくださる看護婦さんが
みんなワセリンを使っていたので真似をしています。
あれ、、何を書いていたのか忘れてしまいました。
そうなんです。毎年冬になるとすごく大変なのに、毎年忘れるんです。
「春よこいこい」なんて歌っています。

こうして苦労して収穫した野菜。見栄えは悪いのですが、
一年中で一番美味しい。一番好きです。まさに「みちのくの味」なんです。

ねぎ、さといも、さつまいも、はくさい、人参、大根、かぶ、小松菜、ゆきな
ホウレンソウ、お豆さんたち、唐辛子、虎の子のゴボウの親類の猫の子のゴボウなど

丸森かたくり農園

実家の片付けをしていて一番困るのが写真です。
東京の小さな家では飾られずに風呂敷に包んでしまわれていた遺影の数々・・・。
親戚もろもろの結婚式の集合写真・・・。
両親が生まれて(大正、昭和)からの・・のんびりした戦前と(戦争を生き延び)激動の戦後の中での青春時代。
姉が生まれた昭和28年は、なんと終戦から8年しか経っていなかったんですね。
私達姉妹とともに生きてきた時代の写真・・高度成長期の2DK公団住宅での核家族の生活・・は昭和史そのもの、といった感じでした。
写真はモノクロからカラーになり、一戸建てに引っ越して、娘たちは巣立ち、孫たちが遊びに来て、そして二人とも宇宙の塵へと還っていきました。

あ、せっちゃんだ。これはおっちゃん。
ということはこれは牛込のおじちゃまか!
かわいがってもらったなぁ。
父方の祖母の若い頃はアンネフランクにそっくり。
・・・・・・・・・となかなか先に進みません。
北村のルーツを息子に残す必要があるのかないのか判断つきかねますが、捨ててしまえばなくなってしまうから。
選んで小さめな箱にまとめなくては・・・。

帰ったら私の写真をもっと減らそう。
箱に追加で入れてもらう何枚かと「生きてるうちは自分が見たくなるかもしれないけれど死んだら捨てて!」以外は処分するぞ!

初冬には実家からの荷物で丸森の家はまたいっぱいになるかも・・・。
その時はリストを作って声をおかけしますので必要な方は使ってくださいね。

*野菜はますます減ってきました!あるものだけです。ごめんなさい。

みどり ネギ 里芋 さつまいも(今週はなんとか) 粘り芋 菊芋 生姜
連れ合い 白菜 キウィ ゆず 黒千石 もちきび もちあわ とうがらし


 てとてとこだわり基本調味料コーナー 
販売一覧 丸島有機酢・京風だし・丸島醤油・味の母・ゲランドの塩・キッコーゴ丸大豆醤油・キッコーゴめんつゆ

三和油脂のこめ油


関連記事
スポンサーサイト



Comment

非公開コメント