プロフィール

sokuteimiyagi

Author:sokuteimiyagi
私たちの想いに賛同していただける方は、私たちの力になって下さい。どうぞよろしくお願いいたします。
お振込み先( 通信欄にカンパと明記して下さい)
郵便振替口座 02290-1-118178
加入者名 みんなの放射線測定室

下のボタンからもPAYPALを利用して、安心安全にオンラインのカード決済にてご寄付いただけます。



メールはこちらまで

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
リンク
カテゴリ
Web page translation
閲覧者数

2012おおそうじ&運営委員忘年会

12/22は年内最終営業日ということで、
運営委員で大掃除と忘年会でした。
というか、ただいままだまだ盛り上がり中で、測定室のPCよりアップしています。
2012-12-22-1

2012-12-22-3

掃除終了後、しょんつあんの手打ちそばが始まり……
2012-12-22-5

みんなまちきれなくてその場でさっそくいただきました。なんたって打ちたて茹でたてですからね。
2012-12-22-4

持ち寄り料理で宴たけなわ……。
2012-12-22-6

北林代表のギター披露!!曲は斉藤和義!ギターの師匠はしょんつあん!
2012-12-22-7

ひめちゃん製作のリース!このリースの材料(鶴、もみの枝、まつぼっくり等)は、
京都の清水響さん(矢ヶ崎克馬先生の娘さんだそうです)から支援で送られてきたものです。
2012-12-22-2

2013年は1月7日から開始です。
どうぞよいお年を。
来年もどうぞよろしくお願いします!!
スポンサーサイト

測定器の遮蔽強化作戦!

2012-6shahei

測定器の精度をあげるのと、少しでも検出下限値を低くしたいということで、
放射線を感知するシンチレーターという部分の下部にも鉛の遮蔽をすることになり、
もともと物理屋さんであったつねえもん氏が、夢中になって取り組み始めました。
型を作り溶かした鉛を流し込むなどまでして、特製の鉛の遮蔽が完成間近です。
すごい!!!
2012-6-3-1

いまや、全国に80を超える市民による放射線測定室があるそうですが、
それぞれ同様の想いで努力しており、互いに交流もしています。
鉛のブロックで測定器の下部を遮蔽したら、バックグラウンドの数値が下がってよさそうだという話があり、
トライすることになったことでした。
NaIシンチレーションによる測定にはもちろん限界はありますが、
よりよい皆さんの役に立つ測定ができるよう努力しているわけです。
測定に時間をかけることで、ある程度の精度を得られることもわかっており、
てとてとでは長時間測定のためにも、3台目の測定器の導入も検討中です。

2012-6-3-2
手に持っている部分がシンチレータ―部で、検体が入る上部は鉛の遮蔽が効いていますが、
てとてとの測定器ATOMTEX1320Aの下部は外に出ている形で、通常ここには遮蔽はありません。

2012-6-3-3
つねえもん氏による完成図の説明

常にバージョンアップを目指している「てとてと」です!

つねえもん氏に全国から注文来たりして!!!
こうご期待!!!

てとてと運営委員のメンバーの顔写真入マップ作りました!

てとてとの運営で特徴的なのは、
なんといっても、ほとんどが生産者だということです。

その運営委員が宮城県南部のどこに住んでいるのかということがわかる
顔写真入のマップを作りました。背景の地図は、代表製作の汚染マップです。

といっても、これは脱原発世界会議の発表の折に急遽作成したものです。

teto-member-map



ご覧いただければ幸いです。

測定の予約余裕ありますので、ぜひご利用を!!
申し込みは、このブログサイトのタイトル下の「測定申込」をクリック!

12/12の運営委員会

20111212_4

お陰様で、オープン以来、大変な反響で
測定の予約もかなりうまってきております。
ありがとうございます。

20111212_3
今回の運営委員会はまずは皆で勉強をしました。
土壌測定用にと、購入したATOMTEX社のAT1125という測定器を
つねえもんさんのご指導で研修しているところです。
夜な夜な、測定器を持って暗闇で測定をしました。ちょっと怪しかったかも!?

1インチのシンチレーター(放射線:主にγ線を感知する部分)で
空間線量、汚染源の特定にも活用でき、
ある程度以上の放射能濃度(ベクレル)の測定(土壌や灰など)にも活躍出来る
優れものです。
お問い合わせで要望の多い、土壌測定用に主に活用する目的で購入しました。
受付体制、運用方法、料金のことなど、その準備も進んでいます。
いましばらくお待ち下さい。

20111212_2
ATOMTEX社の測定器は、チェルノブイリ以降のベラルーシで実際に稼働してきた実績があるので
大変、扱いやすいという印象があり、しかも比較的廉価で、コストパフォーマンスがいいような気がします。
空間線量計のサーチモードにすると、強い汚染源がどこにあるかを探すのことが容易にできます。
画像は、雨樋下の高線量の場所をサーチモードで特定するつねえもんさんです。

20111212_1

有意義な勉強会の後、
オープン後も
♪線路は続くよどこまでも♪と歌いたくなるほどの
たくさんの懸案事項について協議しました。
相変わらず深夜にまで及ぶミーティングです。
寒くなるようなギャグに沸いたり、脱線が多かったりもしますが……。
そんな息抜きも必要不可欠(ちょっと言い過ぎ!)かも?!です。

1/14.15に横浜で開催の
脱原発世界会議の持ち込みイベント企画に参加することになり、
その準備も始まりました。もちろん、しょんつぁんによる「てとてとテーマソング」の演奏もしてきます。
国際会議なので、海外の方も多いとか…。
一気に国際デビューです!!!!
そんなわけで、1/15は臨時休業とさせていただきます。
1時40分から90分間の時間で
「てとてと一座」でプレゼンイベントをします。

要望の多い、測定値の公開(希望者のみ)も、準備が進んでいます。
いましばらく、お待ち下さい。

今後も変わらぬご支援をどうぞよろしくお願い致します。